微笑んでいる女性

乾燥は大敵

横を向いている女性

原因は多岐にわたる

アトピーは小さい子供が発症することが多く、その原因は多岐にわたります。食品やハウスダストが原因であることが多いですが、子供の肌の異常に感じたらすぐに専門医に相談をしてください。現在の医療でもアトピーの原因を特定することが難しい場合がありますが、食品による症状の場合には何を口に運んではいけないのかを念入りに検査する必要があります。食事による症状であれば日常生活で注意をしなければなりません。また、アトピーは常に肌を清潔に保っておく必要があるので洗濯や掃除はこまめに行う必要があります。そして、乾燥をすると肌に痒みを感じるので冬場などの特に乾燥が酷い時期には保湿クリームで肌を守ってあげることも重要になります。

乾燥は肌への負担が大きい

アトピーは肌の保湿力が衰えることで痒みが増してしまいます。また、体温が上昇すると痒みを感じるので長時間の入浴は避けぬるま湯で体を洗うことも効果的です。そして、必ず入浴後には全身に保湿クリームを塗ってください。乾燥を防ぐためにも、保湿力が高いクリームを使用するように心がけることも大切です。小さい子供が症状に悩んでいる場合が多いのが特徴ですが、成長と共に症状が緩和されることが多いのも特徴です。肌を締め付けるような衣服は刺激を与えて痒みを引き起こす原因にもなるので、ゆったりとした服装を心がけることも大切です。症状が緩和されるまでは医師の診察を定期的に受信する必要がありますが、新たな治療法も開発されているので不安に思うことはありません。